Information

FAQ集
Well come to Radiation Measurement Instruments Group
NUCSAFE社SXIはバックスキャッター方式のX線イメージャです。バックスキャッターでは従来の透過型のように測定物の片側からX線を照射し、反対側で受光する必要はありません。シングルサイドのイメージングは可搬性だけでなく複雑な形状の構造物に対しての検査を容易にすることができます。

簡易ガンマ線スペクトル測定シリーズ
RadAngel・iMetryの特設ページはこちら
ガンマカメラ
GeGI3・RadVizの特設ページはこちら
非破壊検査装置
X線非破壊検査の特設ページはこちら
食品中Cs分析ソフトウエア
Code-Fukushimaの特設ページはこちら

KromeK社RadGridは定点測定のために開発された新製品です。
RadGridとPC間はWiFiでの通信が可能です。 GadGridはパイプモニタ・環境測定等の定点測定
にCsZnTeの高分解能をご提案する製品です。センサーには信頼あるGR-1が搭載されています
(最終開発中)


◆ 高分解能ポータブルスペクトルサーベイメータ

KromeK社ポータブルスペクトルサーベイメータRayMon10がリニューアルしました。
RayMon10は高線量場(max 3mSv/hr)での線量率計測に加えCdZnTe検出器による高分解能のスペクトル測定を可能にしました。
新しいRayMon10にはRadAngelでご好評頂いているRadBar表示、並びにサーチモードが加わっています。サーチモードは線源の探査などに便利です。
またRayMon10にQuant for RayMon10 optionを追加することで専用マリネリ容器を使った134Cs/137Cs
の現場での簡易的な定量分析を可能にしました。

◆ 高性能ビークル



Home 取扱製品 自社・国内製品 技術資料 ダウンロード お問い合せ 資料請求 お礼
過去のTopics



放射線計測グループでは、国内外の優れた計測回路・検出器・部材・ソフトウエアを皆様にお届けしています。
放射線計測グループでは、輸入販売だけでなく、国内外のメーカ様との共同開発・日本市場におけるニーズに適した製品開発・改良、並びに日本に紹介されていない海外製品の輸入代行などを通じ、皆様に最適なソリューションを提供できるよう活動しています。
弊社における放射線計測機器販売の歴史は古く、はや30年以上となりましたが、これからもより皆様のお側でお役に立てるよう努力してまいりたいと願っています。


◆ 多入高速高DP型MCA(発売中)

XIA社DGF-500は,3UcompactPCI/PXIの高速多入力MCAです
各入力毎に32kchのメモリを持ちHPGe検出器による核物理実験等のデータ収集装置として
ご利用いただけます。

AMPTEK社MCA8000DはポケットMCAのロングセラーであるMCA8000Aの後継で8kchのデジタルMCAです。
MCA8000DはMCA8000A同様波形整形アンプの出力を使用します。従ってMCA8000A同様に様々な検出器に対して利用しやすい設計となっています。
MCA8000Aで不便さのあったPCとの接続は新たにUSB,Ethernet両インターフェイスを持ち快適な通信環境を実現しました。

◆ ポータブル・ゲルマニウムコンプトンカメラ GeGl 3(受注開始)

米国PHDsから、画期的なガンマ・カメラが発表されました。 GeGl 3は直径90mm,厚さ10mmの平板型高純度Ge半導体の両面に直交するストリップ電極を形成したダブルサイド・ストリップGe半導体を2枚使用してコンプトンカメラを形成しています。
線源の位置精度は±1degree,1mの距離にある100uCiのCs137を数秒で検出します。Ge半導体検出器ならではの高分解能によりSpecial Nuclear Material(SNM)の位置と同定も可能になりました。

◆ 超小型デジタルMCA(受注開始) WiFi対応は夏以降の予定です。

nanoMCAはGe半導体検出器用の超小型(92x38x25mm)・軽量(150g)のデジタルMCAです。入力はPreAmp出力及びShapingAmp出力に対応します。
nanoMCAはOptionでコンピュータ制御可能な高圧電源(0-5kV)の提供も可能です。(もちろんこの高圧電源も超小型化されます)データ転送はUSBが標準ですが、USB-WiFi、USB-Ethenet、USB-Bluetooghへの変換インターフェイスケーブルも用意される予定です。

KromeK社WallRover-RadBot™は最大積載重量5kgの遠隔操作ロボットです。RadBotは平地だけで
無く90°立ち上がった壁面さらに天井の走行が可能です。
RadBotの積載重量は5kgと大きく、KromeKではGR-1を搭載したプローブを付けて英国セラフィー
ルドにて実測実験を行っています。
【動画Upload YouTube】
http://youtu.be/Es3nUQAIGhE

◆ ポータブル・ゲルマニウムスペクトロメータ (受注開始)

BSI社NitroSPECは相対効率20%までのP型Ge半導体検出器を搭載できます。NitroSPECにはコントローラが内蔵されているのでその場でスペクトルの測定及び同定分析が可能です。重量は僅か5kg程度、オペレーション時間は約8時間です。液体窒素冷却を採用し、常に安定した測定を達成しています。効率10%の場合、常温からオペレーション可能温度への冷却時間は最長1.5時間です。

◆ ポケットMCA(受注開始)

   ↑ ここをクリック


◆ バックスキャッタ式X線イメージング装置(発売中)



◆ CdZnTe定点モニタ