仁木工芸株式会社 
放射線計測グループ ◆ 簡易ガンマ線スペクトル測定シリーズ ◆用途: 教育・実習用途 ・ 放射線計測の体験等の個人利用
簡易ガンマ線スペクトル測定シリーズ
                                               もとへ戻る 放射線計測グループTop

◆よくあるご質問 故障かなと思ったときはこちらをご覧ください。→ ◆トラブル対応

 1 Q)  iMetry を使えばベクレルが判りますか? Bq計算の為には遮蔽体や標準線源など多くの高価な機材が必要です。Bqを知りたい場合には精密測定用の測定装置をご検討ください。
答え) いいえ。 iMetryではベクレルはもとめていません。

2 Q) iMetryを使うにはiMetryの他に何が必要ですか?
答え) 家庭用AC電源をUSBに変換するアダプタとiPADsそしてiMetryソフトウエアが必要です。iMetryソフトウエアはApple storeからいMetry Liteを無料でダウンロードできます。フル機能を使うには別途有料のiMetry HDをダウンロードしてください。

3 Q) キャリブレーションの仕方を教えてください。
答え1) 放射線量のキャリブレーションにはiMetryの他に校正された線量率計と標準線源(137Cs推奨)が必要です。何も置かない時の線量率計と値とiMetryのcpm値をノートに控えます。次に標準線源を置いて線量率計の値とiMetryのcpm値をノートに記録します。このとき、線源と線量率計・iMetryの距離は同じである必要があります。ノートに記録した値をiMetryの放射線量キャリブレーション設定に入力してください。線源と線量率計,iMetryの距離を何点か変えて同様に記録して複数のデータで登録することもできます。 標準線源は日本アイソトープ協会で販売しています。ご購入の際には日本アイソトープ協会に保管方法などよくご相談ください。

iMetryは出荷前に簡単なキャリブレーションを実施しています。ご使用になる環境によってこのキャリブレーション値は変化しますので目安としてご利用くだい。

答え2) 波高分析のキャリブレーションには標準線源が必要です。137Csだけに着目するなら137Csの標準線源をiMetryで測定すると137Csのピークが現れるのでこの一番高い点のp.h.の値をノートに記録します。エネルギーキャリブレーション変更画面で記録したp.h.の値を入力して右の欄には662と入力します。そしてもう一つp.h.に0(ゼロ)を入力して右の欄にも0(ゼロ)を入力します。この方法では662kev以外の値はあまり信用できないことに注意してください。他の標準線源(133Ba,60Co等)がある場合には同様に測定してその値を同様に入力してください。この場合には先ほど記載したゼロの行のデータは消してください。

4 Q) iMetry LiteでiMetryとRadANGELは使えますか?
答え) はい。iMetry Liteは両方の製品をサポートしています。但し同じiPADで同時に使う事はできません。

5 Q) iMetryはAndroidでも使えますか? iPhonで使えますか?
答え) いいえ。 iMetryはiPAD専用です。Anfroidには対応していません。

6 Q) iMetryとiPAD間のケーブルは普通のオーディオケーブルが使えますか?
答え) いいえ。 iMetryとiPAD間のケーブルは専用ケーブルです。オーディオケーブルはご利用頂けません。

7
Q)iMetryで食品の放射能を計る事が出来ますか?
答え)Q1の通りiMetryでは放射能分析をサポートしていません。iMetryは簡便に放射線スペクトルを見ることができる簡易測定機器です。ご質問のお陰で説明不足であると気がつきましたので本文訂正致します。ありがとうございました

8 USB電源アダプタの推奨品はありますか?
答え)推奨品はございません。安定してご利用頂くためにはACアダプタやPCからの電源でご利用頂くことを推奨致します。携帯電話充電器によっては充電器側の保護回路が働き電源供給されない場合もあるようです。